あげないのもあげないのでね〜

今年は初めてバレンタインにチョコを贈らない日だった。いつもなら彼氏や好きな人に送ったり、そうじゃなくても職場や遡れば学生時代なら学校にと、必ず何かしらバレンタインを用意する用事があったのだ。しかし今年は、好きな人も彼氏も出来ず、転職した会社がほぼフルリモートかつ私がシャイなためいまだに深い仲になった人たちがおらず1人寂しいバレンタインを過ごすことになった。友達にわざわざあげるほどイベントごとを愛しているわけじゃないし。

チョコを用意することがないのも寂しいなと思った。たしかに彼氏に用意するチョコならまだしも、職場や同級生のために大量にお菓子を用意するなんて本当に疲れるため、チョコをあげる必要がないのはとても楽なはずだけど、あ〜やっぱり1人くらいにはあげたかったな、とか思って仕事をしていた。途中、自分のためのチョコを買いに近くのチョコレート屋に行った。チョコレート屋は少しの列を作っていた。みんな女性だ。列に並びながら、これから誰かにあげるのか、家族のために買うのか、それとも私のように自分のためなのか、と考えた。私はチョコレートのショートケーキと生チョコを買った。もし誰かにあげる予定があったら、気合の入れたチョコレートボンボンを買ったかもしれないけど、今年は自分のためだけだからいっかと思ってやめた。

帰る。前に買ったマリアージュフレールの紅茶が余っていたので紅茶を淹れた。自分のためだけなのに、どうしていろいろ準備してチョコレートを楽しもうとしているのだろうと頭によぎったが、こうでもしないと600円もしたケーキが報われないし、なんなら生チョコも買ったので合計1500円くらいを払った財布が私に「適当に食べるなよ」とプレッシャーを与えている気がしたからそうした。

来年は誰かのためにチョコをあげたいなと思った。等々力にあるアサコイワヤナギのチョコを誰かにあげたい。